4月8日(午前10時) <食堂> (参拝可)

「灌仏会」「浴仏会」ともよばれるこの行事は、「涅槃会」「成道会」とともにお釈迦さまの遺徳を讚える三大会です。食堂の中央に釈迦誕生仏を安置し、その像に甘茶をそそぐ行事が行われます。日本では推古天皇14年(606)に始まったとされていますが、法隆寺では聖徳太子信仰が盛りあがりを見せる平安時代中期、元永2年(1119)に大講堂で始められました。